三橋アートの 昔遊び講習

 昔遊びというとすぐにメンコ・ビー玉・竹馬・コマ回し・お手玉・・・・といった昭和初期から20年間くらいの遊びを連想する人が多いと思いますが、私の昔遊び講習はもう少し後の時代のものです。私自信もベーゴマ・メンコは得意でしたが、昭和30年代に流行っていた遊びの中に大変注目すべき遊びがあるのです。それも遊びの本などに紹介されずに埋もれてしまっている小さくてハイレベルな遊びです。これらを今に復活させたいと願い講習に至りました。実際に小学校や公民館等で子供達に紹介すると予想以上の盛り上がりを見せ、改めて昔の人の知恵のすばらしさを痛感いたしました。

紙トンボを試す子供

私が20歳から30歳までの10年間、学童保育形式の子供集団「利根川教室」での仕事で毎日子供と過ごす中、どんな遊びが子供を夢中にさせるかが見えてきました。今も昔も変わらない魅力的な遊びとは「自分で考え工夫して、練習すると上達が自分で確認できる素朴で発展性のある遊び」という共通点が見えたのです。ですから私の講習内容は「創る遊び」がと中心です。そして子供だけでなく大人にも充分楽しめる遊びです。なぜなら大人も昔は子供だったからです。最近の子供に危機感を抱いているのは私だけではないはずです。これらの「創る遊び」・自然の中で生き物に接する・集団で遊ぶ等を体験せずに、ファミコンやスポーツだけに偏った子供が大人になると、不自然な感性で社会的にも問題を起こしているようです。子供のうちに体験しておけば今からでも遅くないと信じております。

 

以下に講習のお薦めコースをご紹介いたします。37年の経験の中で特に盛り上がりを見せた順です。

1. 新聞紙1枚でどれだけ楽しくあそべるか

 新聞紙1枚でこんなにたくさん楽しめるということに驚かれると思います。新聞バランスゲームなら一度に何百人でもできますし二人でもできて盛り上がり最高です。新聞紙と鋏があれば、渋い音の笛が作れますし、手品もできます。そして最後に写真のように新聞紙を折り紙のように折って鋏で穴を空けて色を塗るとキャラクターマスクの完成です。これは子供の持つ想像力に驚かされる最高の教材と言えます。私が幼少の頃父親に教わった新聞帽子を改良したものです。

2. 紙と鋏でこんなに面白いことができる

 厚紙や普通の紙で創る大変盛り上がる工作を特集いたしました。写真の左が厚紙をへの字に切っただけのミニブーメラン、ちょっとしたコツをつかめればすごい回転で手元に戻ってキャッチできます。この形で飛ばせるようになったら自由な発想で独自の形のブーメランを作らせると、子供は想像力をフルに発揮してくれます。写真右は薄い紙で簡単に作れる紙とんぼです。ていねいに作ると早い回転でゆっくり落ちるので大変綺麗です。これも大きさや形を指定せずに実験すると面白い結果が出ます。厚紙に輪ゴムを併用するとバリエーションも増え、また、紙を使った手品も多く、紙細工の多種多様な可能性が講習時間を短く感じさせます。最近では22cmサイズの厚紙ブーメラン作りが大変人気で、回を増すごとに手でキャッチできる子が増えてきました。

3. 忍者になろう

 忍者といっても本当の忍者みたいに跳んだり跳ねたりのアクロバットではありません。忍術とい呼び方にふさわしいロープを使った手品が中心です。城に忍びこんで捕らえられた忍者が手を縛られてロープに繋がれた時に抜け出す術、どう見ても半分に切断したはずのロープが元に戻ってしまう術、ちょっと訓練すればすごい技になる投げ縄の術、手拭いタオルを2回折って指先で引っ張るだけで忍者の覆面ができてしまうなど、魅力たっぷりの術ですが、なぜか最近の手品の本などにも紹介されていないのが不思議です。これも昔すべて父親に教えられたものです。

4. 凧作り・凧揚げ

 私の講習で一番多くの依頼がある凧講習ですが、昔遊び象徴するというより独自の路線での扱いなのでこの順番にご紹介いたします。わたしのこだわりで、材料に竹と和紙を使うことが特徴です。普通に作れば全員よく揚がります。私の一番得意とする分野で、詳しい説明に時間がかかるので別のホームページで詳細をご覧ください。

 

 http://takokousyu.jimdo.com/

 

5. 折り染め

 しょうじ紙を小さく三角に折って、角を染料で染めて開くと規則性のある大変美しい模様ができます。どれ一つとっても同じものができず、すべてオリジナルの予想外模様です。これを使って紙細工を作りますが、染めるだけでも面白くて時間が多く欲しいところです。染料代金がかかるのと指先が染まって一日落ちにくいのが気にならなければ大変魅力ある遊びです。

 講習料は内容・人数・材料費・交通費等の条件によりますので下記のメールフォームからご連絡ください。4.凧作り凧揚げコースは教材購入が講習料になるのでホームページでご確認ください。

メモ: * は入力必須項目です